周南市の車検・整備、新車・中古車販売、板金・塗装など、車のことなら友田総業へ!

TOP > 会社概要 > 沿革

沿革

昭和21年1月 友田音一個人企業として発足、自動車分解整備事業を開始。認証を受ける。
昭和26年8月 株式組織に改組、富田自動車工業株式会社と称す。
昭和36年10月 富田自動車工業(株)の営業一部を分離独立、友田産業株式会社を新設。噴射ポンプ油圧関係機器の修理を行う。
昭和37年3月 友田産業(株)は徳山市五月町(現:周南市五月町)に徳山営業所を開設、自動車の分解整備事業を開始。認証を受ける。
昭和38年2月 友田産業(株)は徳山市(現:周南市)に部品部を開設。
自動車部品、用品並びに修理用機器工具の販売を開始。
昭和41年1月 富田自動車工業(株)と友田産業(株)は合併し友田総業株式会社と商号を変更。
昭和44年3月 徳山市栗屋(現:周南市栗屋)に栗屋工場を新設、自動車分解整備事業を開始。認証を受ける。
昭和44年4月 南陽サービス事業所(本社工場)は指定自動車整備事業者の指定を受ける。(民間車検工場)
宇部市に宇部サービス事業所を新設 し自動車整備事業を開始。認証を受ける
昭和45年2月 吉敷郡小郡町(現:山口市小郡)に山口サービス事業所を新設。
主として噴射ポンプ、油圧機器の修理販売を行う。
昭和45年7月 栗屋工場は指定自動車整備事業者の指定を受ける。(民間車検工場) 
昭和47年6月 山口サービス事業所を山口市下小鯖に移転。
昭和48年3月 徳山営業所を下松市末武下1119番地に移転、下松サービス事業所と名称を変更。栗屋工場を徳山サービス事業所と名称変更。
昭和48年10月 下松サービス事業所は指定自動車整備事業者の指定を受ける。(民間車検工場)
昭和49年4月 山口サービス事業所は自動車分解整備事業を開始。認証を受ける。
昭和50年5月 新南陽市冨田1051の2(現:周南市古泉)に整備センターを設立。指定自動車整備事業者の指定を受ける。(民間車検工場)
昭和51年12月 部品部を徳山市周陽1丁目(現:周南市周陽1丁目)に移転し商亊部と改称。
昭和52年3月 宇部市大字妻崎開作に宇部機器サービス事業所を新設。
噴射ポンプ、油圧機器等の修理、販売を開始。
昭和52年4月 徳山市周陽にリース事業部新設し、自動車リース業務を開始。
平成2年12月 周南市政所二丁目に自動車販売部門 マツダオートザム店 新設。
平成8年3月 山口サービス事業所は指定自動車整備事業者の指定を受ける。
(民間車検工場)
平成10年10月 南陽サービス事業所を周南市古泉二丁目に移転。
平成11年11月 下松サービス事業所を下松市平田に移転。